人生ですごく幸福に生きている人は、曖昧さへの忍耐力が強い人。by 植木理恵さん。

毎週、録画して見ている番組に、フジテレビの『ホンマでっかTV』と言う、
明石家さんまさんの番組があります。
そこに出演されている、心理学者の“植木理恵”さん。
彼女の言葉にたまに、ドキッとする時があります。
今回もそうでしたので、紹介します。

人生ですごく幸福に生きている人は

2019年1月16日(水)の放送でのコメントです。

植木理恵さん
人生ですごく幸福に生きている人は、
曖昧さへの忍耐力が強い人。

「曖昧さへの耐性」と言うのだそうです。

白黒もグレーも認めることが出来るようになった。

植木理恵さんの言葉を聞いて、
「あ〜〜、なるほど」と心の学びを始めた時から、
現在までの自分の心の変化はこれだったんだ。
そんなふうに感じました。

学びを始める前

白黒オヤジでしたね、どんな風だったかと言うと、

  • 自分とは違う事、考え方、価値観に対しては「間違っている」とジャッジをしていました。
  • 自分が理解できないことは…、自分のせまい思考の中での答えを求めていました。そこで対応できないと、反発の感情があふれてきました。
  • できるか、できないか…、これにこだわっていました。

つまり、
自分と「同じか、違うのか」この二極化(白黒)を決めたかったのですね。
そして、対策を練ります。
自分と同化(同じにしようと)、いろいろな事をやっていたわけです。
恫喝、説得、などです。
すべての基準が、「同じ(正しい)、違う(間違っている)」の二極化(白黒)だったと思います。

心の学びのの中で

自分が理解できないことは…、自分のせまい思考の中での答えを求めていました。そこで対応できないと、反発の感情があふれてきました。

この部分だけは長い期間、囚われていましたね。
私がお世話になっている、LPLに対しても反発心(不信感)を持った時期もありました。

心の学びの中で、少しずつ変わってきたのが、
自分と違う物や、事、考え方、に対して、
受け入れられるようになってきた…、
そんな変化がありました。

同じように、自分が理解出来ない事にも、耳を傾けるようになった、こんな変化が自分にあった。
言葉にすると、「俺には分からないが、そう言うこともあるのだろうな」、
こんな変化です。

両極と言うよりも両面へ

白黒の両極で判断するよりも、
両面の判断へ、そんな変化をしてきました。

『俺にできないことを、あなたはできる、それと同じように、あなたにできないことを、俺はできる』

勝ち負けと言う両極から、
補完と言う両面を見れるようになった。
今は、そう感じています。

曖昧な部分への耐性(忍耐)が強くなっていたのだと感じました。
それが、今でも続いています。
グレーな部分があっても、それで良いかぁ…、その変化があったと思います。

俺とは違うなぁ

今は、自分と違う人に会っても…この感覚しかありません。
「俺とは違うなぁ、ま、それもありか…」
事実だけを認めて…、そこにジャッジをしなくなりました。
完全とはいきませんが、ジャッジは少なくなったと思っています。

心の幸福度は

今のほうが、心の幸福度は数段上がっていると思います。
植木さんが言っているように…、少なくとも、精神疾患にはかからないかなと感じています。

いろいろな意見があると思いますが、私に照らし合わせてみると、
この植木さんの言葉は当てはまりました。

その時の映像と植木さんの言葉を。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。