感じていないふりは、唯一の生きる術だった…。

感じない自分…、そんなことに悩んだ時もありました。

感じる、感じない…どういうことなのでしょう?。

感じない私

感じない人間はいないですよね。

感じたことをストレートに出さない、
感じたことを出してはいけない、

そう思っていました。
それを長いことやっていると、感じることを拒否していきます。

私だけではなく、そんな人は多いのではないでしょうか?。

感じないふり=動じない…おおきな勘違い

心の学びをするまで、感じないふりをしてきました。
それが、“動じない”ことだ思っていました。
何が起きても、たいしたことないよ…、そう言いながらことに当たる。

それが、男なんだと…、とんでもなく大きな勘違いをしてたわけです。

感じないふりは、自己防衛

感じないふりの原点は、やはり、子どものころの虐め、嫌われる、
他人のそんな感情を感じてるのに、感じないふりをする。
自分が傷つかない、当時(子どものころ)の最大の防御だったのです。

それを大人になってもやっていた。

感じないふりは、人間関係を狭くします。
人間関係の物差しをとことん狭くして、そんな時に、心の学びに入ってきました、
いえ、何か大きな存在に入れさせられた…、これが本当だと思います。

感じないことは動じない事の世界から、
感じないことは正直じゃない世界へ、

しんどいですよね。

感じる扉を開けると

別の世界が広がりますよね。

感じて良いんだ…、感じたことを赦して良いんだ!。
許しではなく、赦し、なんです。

自分が感じたこと、他人が感じたこと、違うのは当たり前です。
その違いは、人間関係の物差しを大きくします。
それが、自分の度量が大きくなることにつながるのでは無いでしょうか?。

価値観の違う人との共存、共有の始まりだなと、当時は感じました。

三輪の一言

感じる世界は…考える世界より、もっと苦しいし、もっと幸せだし。
もっと楽しいし、もっと嬉しいし、もっと憎らしいし、もっと慈愛にあふれているんだよね。
この境を知るのは…心の領域なんだね〜〜。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。