iMacの移動準備が終わりました、なぜiMacをお譲りしたのか?(無職オヤジの自由な日々 2019・01・14)

赤坂のまー坊’sサロンで使っている、iMacを友人にお譲りすることにして、
今日、2019年1月14日(月)にその準備をしました。


ものくろさんこと、大東信仁さんに依頼

いつも、お世話になっている、ものくろさんこと、大東信仁さんに依頼、
赤坂のまー坊’sサロンまで、来ていただきました。

なぜ、私がiMacを(譲ったのか?)引き取ってもらったのか?

以前、書かせていただいたブログで恐縮ですが、
MacBook Proを中心とした、PC体制にしたいなと、以前から思っていました。 
そんな時に、お友達からPCを譲って欲しいと、Facebookで投稿があがり、
やりたい事をやる時は、こんなタイミングが必要なんだと感じて、もちろん見ず知らずの人にはこんなことはしませんが、大事な友人なので、お譲りすることにしました。

その目的は

スペースを空ける

基本的なやりかたですが、「最初に出すから始める」、この事がありました。
「最初に出す」はスペースを空けると言う事だと思っています。
まず、自分の思い通りの事を始めるためには、それをやるスペースを空ける必要があります。 赤坂のiMacは私が持っているMacの中では、一番新しい物です。
でも、それがあるうちは、思い描いていた事はできません。
ですが、自分の思いだけで、iMacをどうこうすると言うのは、なかなか決めることはできませんでした。 そんな時に、友人の投稿です。
自分の思い通りにしたい、と言う思いと、
友人の新しいPCが欲しい、と言う思い、両方があったので、今回このようにさせていただきました。

このiMacが活用されるためにはベストな選択

私は自宅にiMacが一台あり、サロンのiMacはあまり活用できていませんでした。
友人のところにお譲りすれば、メインマシンとして活用してもらえるかもしれません。
ならば、そのほうが良いだろう。
そんな判断が自分の中にあり、こうさせていただいた。
これが正直な判断です。
あ、もちろん、友人の手に渡ったら友人の判断にお任せです。 万全の状態で、友人のもとに届けるつもりです。

空いたスペースに思いをはせる

iMacを撤去したら、こんな状態に…。
ここに、MacとWindows両方使えるモニターを置き、
それと、MacBook Pro、もしくはWindowsのノートPCをつなげるようにして、
新しい、環境にしようと思います。

Mac を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと

今回は、こちらのサイトを参考にしました。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。