私の2018年の漢字は…、「転」が浮かんできました。(無職オヤジの自由な日々 2018.12.24)

今年の漢字は「災」でしたね…。

自分の今年の漢字は…、何だろう?、
ぴったりだなと思ったのは、「転」でした。

「転」

2018年は確かに転換の年だったと思います。
転換、回転、空転、流転、やっと動き出した2018年、
そんな意味で「転」がふさわしいなと。

言葉をイメージ

最初は人生の「転換期」にさしかかった、
そして来年(2019年)は、還暦を迎える。
年齢的に関わらず、いろいろなモノ、事が転換期になってきたのを、身体で感じています。

母親の認知症が疑われた時には「空転」も感じました。
親子関係がくずれかけたこと、自分の意思が伝わらない、母親の気持ちも分からない、
そんな空転の時期もありました。

いろいろなしくじりを2018年も…(~_~;)。
そんな意味では「転倒」もそうです。
転倒しまくりの2018年でした。

今年の漢字を考えたみる、やってみると意外に楽しいですね。

みなさんの今年の漢字は…?、
お時間があったら考えてみるのも楽しいかもしれません。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。