【食レポ】六本木にオープンした「えびそば一幻」さんに行ってきました。数年ぶりに味わった“えびしょうゆ”、最高でした。

友人でもあり、ブログをがんばっている「阿部きょうこ」さんがブログで教えていただいたお店、
「えびそば 一幻 六本木店」さんにお邪魔してきました。
阿部きょうこさん、教えていただきありがとうございました。
阿部きょうこさんのブログはこちら↓です。

ものすごく丁寧に書かれています。

えびそば 一幻

Wikipediaにはこう書かれています、引用させていただきます。

Wikipedia

いわゆる札幌ラーメンの店であり、2008年に創業した。

総本店は東屯田通にあり、店舗は元々セブンイレブンの建物を利用している。最大の特徴は1日60kgものエビを使ったスープであり、スープだけではなくトッピングにも使用している。開店当初から口コミで話題になり、秘密のケンミンSHOWでも取り上げられたことから人気は全国区に拡大した。

新千歳空港東京香港にも店舗があり、特に総本店は常に行列が絶えない程の人気がある。味はストレート、ほどほど、あじわい の3種、麺は極太、細縮れから選べる。エビをスープに使ったラーメンの店は少なからず存在したが、一幻の人気が出たことから新たなラーメンのジャンルとしてえびみそが定着し、他のラーメン店でも提供する店が増えた。

私は、新千歳空港で初めていただきました。
その後、新宿で一度、友人に連れていってもらったくらいですね。
美味しいラーメンでしたが、なかなか足がむきませんでした。

赤坂のサロンから、歩いて10分強なので、今回お邪魔しました。

えびそば一幻 六本木店

関連ランキング:ラーメン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

2018年12月10日のオープンなので、まだオープン記念の花輪が飾ってありました。
きれいなのは当たりませですが、雰囲気の良い店です、私はこの雰囲気、好きです(*^-^)ニコ。

食券機

ここの食券機は好きです。
使いやすい、メニューの数も説明も分かりやすいです。
一目見れば、自分の欲しいものがすぐにチョイスできます。
優れものです(*^-^)ニコ。

あじわい しょうゆ 780円

私は、今日は、「あじわい しょうゆ」を

カウンター席しかないのかな?、
そこを見落としました。

カウンターに座り、待っていました。
水のピッチャーもあり、体形の良い(小デブ)の私でも充分な広さでした。
コートやダウンもかけらます、これからの寒くなる時期ですので、これもありがたいです。

えび油が良いアクセントになる

ここだけだと思いますが、「えび油」が置いてあります。
好みもありますが、私は絶対入れたほうが良いと思います。
良いですね、「えび油」。

えびそば しょうゆ あじわいが来ました。
やはり、えびの香りがまずします。
えび風味の天かすですが、これも良いですね、
食欲をそそります。

麺も太麺で、ものすごくスープにからみます。

やはり、秀逸なのはスープ。
えびの風味が…(*^-^)ニコ。
少しとろみがありますね、一口飲んで、
うん!、ここのスープ、大好きです!。

これは…私好み!。
しばらく通うことになると思います。

えびの風味が一番強いのは、塩とのことです。
3種類…日を改めてすべて食べます!。

激戦区

このエリアには、「六本木 麺屋武蔵 虎嘯」「一風堂」「一蘭」密接していて、
六本木 麺屋武蔵 虎嘯の一軒あいて、「えびそば 一幻」ができました。
急に、激戦区になってしまいました。
位置関係はこんな感じです。

まとめ

私はお薦めします。
えび好きな私はしばらく通わせていただきます。
繰り返しますが…お薦めです!。

一幻情報

動画でもたくさん紹介されています。

新宿店の動画です。

 

千歳空港のお店

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。