【食レポ】江川亭・小金井本店 ホープ軒の流れを汲み、地元に愛されてるお店。

ず〜〜っと地元(東京・府中市)に根を張って生きています。
そのせいか、長く通っているお店が多いです。

このお店も35年以上通っています。「江川亭・小金井本店」さん。

新小金井街道、“前原交番前”と言う交差点にあります。

関連ランキング:ラーメン | 武蔵小金井駅多磨駅国分寺駅

江川亭小金井本店

創業者が吉祥寺ホープ軒で修業したのち、開店しました。
ホープ軒については、こちらのブログをどうぞ↓
【食レポ】「千駄ケ谷 ホープ軒」言わずとしれた有名店、私が2018年、一番通ったお店です。

創業者が大ファンであった、当時の江川卓投手が巨人入団した年に、江川投手の名前を屋号にしたと聞いています。
1978年の創業かと思われます。

現在の場所には、2017年8月7日に現在の場所に移りました。

10台くらい駐車場があります。

店内はカウンター、テーブル含めて34席。
以前はカウンター14席だけのお店で、一人か、二人で行くお店でした。
今は家族でも楽しめるラーメン屋さんに変わりました。
以前の様子は…、こんな感じのお店でした。

メニュー構成

ラーメン(スープの味は1種類です)、つけ麺、油麺、餃子、ワンタン、
あとチャーハンなどのご飯物もあります。
移転を機に、メニューを増やしたようです。

今回のメニューは

チャーシュー麺 950円、それにトッピングとしてニンニク 100円を注文しました。

もやしにメンマ、チャーシュー、海苔、煮玉子半分、そんなトッピングです。

ニンニクは、おろしと刻みの中間のような感じです。
においは、特長がある臭みはありません。

麺は細麺、太麺が選べます

自前の製麺工場を持っているので、安定した麺をいつもいただけます。

麺は、細麺と太麺、どちらか選べます。
ここに移転する前には、細麺だけでした。
なじみがあるので、いつも細麺をお願いしています。
太麺はまだ食べたことがないので、今度確かめてみます。

ここの細麺は割と細いわりには、しっかりした食感があります。
喉ごしは普通です。
スープとの絡みは良いと思います。

見た感じですが、出数は細麺の割合が多いと思います。

スープ

1990年代に流行った「背脂チャッチャ」系の流れをひいています。
ここのスープはコッテリしています。
変な臭みはありません、どなたでも楽しめるスープになっています。

昔はコッテリした感じが強かったですが、現在は昔よりもマイルドになっています。
ただし、背脂チャッチャ系がお嫌いな方にはお薦めできません。

江川亭情報

動画紹介

これは系列の南多摩店の動画ですが、メニューは同じです。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。