【食レポ】大勝軒まるいち 新宿店 創業者山岸一雄さんの最後の弟子と謳っているお店に行ってきました。

新宿、靖国通り、新宿三丁目にある、「大勝軒まるいち 新宿店」に行ってきました。

関連ランキング:つけ麺 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

山岸一雄さん最後のお弟子さんの店

以前も一回だけ行ったことがありましたが、今回はこのポスターを見て再訪する気になりました。
創業者 山岸一雄さんの最後のお弟子さん、ほう、ではまた食べてみようかと思いました。
入ってみましょう。

ビルの地下一階にあります。
目立っていないのですが、目印としては「日高屋 新宿靖国通店」の隣のビルです。
日高屋ささんの前で視線をあげると、「大勝軒」の看板が見えてきますので、
そこのビルの地下一階です。

階段を降りて、入り口に入ると、食券機があります。
メニュー的には、基本のメニューに新たにメニューを加えた感じがします。
少し分かりづらいのが難点ですね。
15:00までは、大盛り無料なので、「大盛り」のボタンは反応しないようになっています。

注文の仕方

基本は「つけ麺」だと思います。
なじみではない店では、大勝軒の基本の「もりそば」にあたるメニューを注文しています。
今回はそれが、「つけ麺」でした。

食券を店員さんに渡す時に、「熱盛りでお願いします」と声をかけると、熱盛りで出てきます。
15:00までは大盛り無料なので、大盛り希望のかたは「大盛りでお願いします」も忘れずに声をかけてください。

出てくるまで待つ間に、店内の観察

調味料は一般的な形です。
胡椒が2種類(黒・白)があります。
個人的には、ラーメンには白が良いと思います。

山岸イズムがかいま見れます

山岸さんの書、店主の方が山岸さんを尊敬されているのが感じ取れます。

店内は意外と大勝軒のなかでは、現代的ですね。

 

水の味が違うので、「ん?」と見てみると、
ピッチャーの中にレモンウェッジがひとつ入っていました。
これも好き嫌いですね、私は要らないなぁと感じました。

つけ麺 熱盛り 大盛り 790円

注文したつけ麺が来ました。
さすがに大盛り…多いですね〜。
スープの具は、メンマ、なると、小さくカットされたチャーシューが入っています。
一般的なチャーシューはもう少し上のグレード(特製つけ麺)じゃないと入っていないようです。

こちらも中太麺ですね…、大勝軒の基本なんですね。
喉ごしも良く、小麦の味がします、美味しいです。

スープ

魚介の味が強くしました。
美味しいです、大勝軒独特の酸味は感じられませんでした。
このスープは、これで充分美味しいです。
濃厚で少しとろみがあるように感じました。
濃厚ゆえでしょうか?。

麺との絡みは良いです。
大勝軒の味、と言うよりは、まるいちさんの味ですね。

のれん分けのお店と少し違うと感じましたが、
店主の方の真剣さを感じられる一杯でした。

まるいちさんでは通販もやっています

こちらで食事してお気に入りなら、通販での取り寄せもできます。

今回のお店の情報

動画でも紹介されています。

新宿歌舞伎町と紹介されていますが、新宿店の事です。
メニューが違いますが、紹介します。

 

お店は違いますが、今回食べた「つけ麺」が紹介されています。
値段は、撮影当時の値段です、現在は790円です。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。