2019年の目標は「なるようになる」にしました。

師走も半ばになり、少し遅いかもしれませんが。
(みなさんはもう目標は決めている方もいると思います)。
目標は〜〜?、とぼんやりしてたら、突然ことばが降りてきた、
そんな感覚になりました。

降ってきた言葉
今までの感覚の目的・目標は、もういらないんじゃね!

ん?…、そんな訳ないよね。
目標・目的がない…なんて。
そこから、思考と感覚の総動員で、ここ数週間を過ごしました。
ふぅ〜〜〜ん…、どうしたモノか?、困った数週間を過ごしました。

逆算的より、順算的へ

私の人生で、「○○になりたい!」、と強く望んできたことは、
ほぼ100%に近く、なることは出来ませんでした。

逆算的な目標を立ててきたのですが、
いろいろなところで発言してきましたが、私は、順算的な考えのタイプです。
今、ここで必要な努力を続けたら、来年はどうなっているのか?。
この方が、しっくり来るのです。

「○○になりたい!」はまさに逆算的な考え方だったのでは…、それが、「囚われ」になっていた。
また、「囚われ」やすい自分の気質がある。
その思いを強く感じました。

どちらかが、正しいとか間違っているとかではなく、
それぞれに合ったタイプがあると思っています。

なるようになる!

そこで、2019年の目標は、

「なるようになる!」

にしました。
なげやりな目標だと感じるかたもいるかもしれません。
私なりに真剣に考えて、この目標がしっくり来ると思いました。

漠然とした目標の理由

目標は具体的な方が良いと言われます、また自分でもそうであると思ってきました。
そうではないかもしれない…、そう思えた理由は…。

自分を信頼する(自分のプロセスを信頼する)ができてきた

「プロセスはすべて正しい」
「自分にとって最良のことしか、起きない」

このことがやっと心から信じることができるようになりました。
ある程度、深いところまで、自分を信頼できるようになったと感じています。
これは、心の学びのおかげだと思います。

囚われまみれの人間で、囚われまみれの人生でした、ある意味。
それをず〜〜っと観てきました。
いろいろな人との出会いで、少しずつですが、手放すことができてきました。

プロセス、分かりづらい人には、意味は少し違いますが「運命」と置き換えてもらうと分かりやすいかもしれません。
自分に起きることはすべて正しい、必要なことしか起きない。
そう、心から信じることができてきた。
この目標にした、理由の大きな要素です。

自分は何をしても大丈夫!、何をしても良い!、そう思うことができてきた、そう感じています。

今、ここの、やることをやる

何をやっても、大丈夫!。
今、ここの、やりたいことをやる。

それを続けていく…、あとはプロセスを信頼して、どうなっているかは、プロセスに任せてみよう。

そんな感覚になり、これで良い!、と感じました。

どんな私になっているかは…、自分でも楽しみです。
思ってもみなかった、私になっているかも…。

自分の感覚を大事にして

自分の感覚(感じる・体感覚)を信じて、平成最後の年を歩んで行きたいと思います。

楽しいこと、必要なこと、自分の感覚で、その時にやりたいことをやり続けてみよう。
そんな2019年にしたいと思います。

人生60まではリハーサル!。

その最後の年齢ですが…、楽しみます(*^-^)ニコ。

 

 

 

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。