【食レポ】東京 府中市 「らいおんラーメン府中本店」 私が40年通っている理由を紹介します。

大阪に行った帰りに、久しぶりに、地元(東京・京王線 府中駅)で一番だと思っているラーメン屋さんにお邪魔しました。

らいおんラーメン・府中本店

京王線府中駅 徒歩1分 ショッピングセンター「くるる」1階にあります。
1980年創業の老舗『らいおん』ラーメン。
私は、創業当時から通っています。
40年近くなりますね…(*^-^)ニコ。

開店当時は、まだ府中駅が再開発される前でしたので、いろいろな思い出が。
近くに…、反社会的な団体の事務所があり、そこの若い団体員の方と隣同士でラーメンを食べたり…、そこの団体の若い人が、お店から事務所までラーメンを取りにきたりしていました。
おそらく偉い人から指示されて、ラーメンをお盆で取りにきたりたのだと思います。

そんな時代でした(*^-^)ニコ。

私が40年通った理由

やはり最初は味に惹かれて通いはじめました。
20歳のころです。
濃厚なスープが当時は新鮮でした。
最初は紀州系のラーメン屋さんかと思いましたが、ご主人が独学で味を完成したとのことでした。
豚ガラ、鶏ガラを煮込んだ、味わい深いスープになっています。

醤油・みそ・塩があります。
通常のラーメン、らいおんラーメン、まかないラーメン、つけ麺になります。

らいおんとはネギのことです…、
縦に刻んだネギに胡椒をまぶしている物で、それを入れたメニューが「らいおんラーメン」になります。

ネギ好きな私にとっては、ネギも魅力でした。

具材

チャーシューも美味しいです。
私は脂身のないパサパサなチャーシューは嫌いです。
適度な脂身と「かえし」につけた味がたまりません。
基本は塊で、オーダーの入り具合で切って入れてくれます。
作り立てにこだわっているなと思います。
しっとりとしたチャーシューです。
私のお薦めの具材です。
年末やクリスマスなどは…、塊(かたまり)で販売してくれます。
それも楽しみです。

自家製の中太麺です。
中太麺が良くスープにからみます。
モチモチで美味しいです。
細麺も良いですが、北海道生まれの私は、やはり中太麺が馴染んでいます。
中太麺が好きな方は一度味わってください。

ご主人

二枚目でイケメンのご主人も魅力です。
開店当時は若く、長身でカッコいいご主人でしたが、
今でも…年齢を重ねた渋さがあり、こちらもカッコよさは変わりません。
出会った当時はこちらは20歳の若造!、ご主人はおそらく30代の新進気鋭の店主さんでした。
それも懐かしいですね。

私がお薦めのメニュー

数あるメニューのなかで、私がお薦めするのは…、

まかないラーメン 1,090円

いろいろな具材、
コーン、チャーシュー、もやし、メンマ、海苔、ゆで卵が入っています。
最初はこちらがお薦めです。
醤油でも、これから寒くなるので、味噌もお薦めです。
※画像は醤油のまかないラーメンです。

らいおんチャーシュー 1,180円

ネギが入った、こちらの看板メニューです。

つけ麺もお薦め!

つけ麺もお薦め、と言いますか私が大好きな味です。
通常の醤油系のスープより少し濃いめで麺に合います。
熱盛りにもしてくれます。
注文の時に言わないと冷たいままで出されますので、お気をつけてください。
私は、夏でも熱盛りにしたい方です(*^-^)ニコ。

味+思い出

一言で言うと、これが40年近く通ってる理由です。
味だけでは40年も通うことは無かったと思います。
味と…、いろいろな思い出があるので、今でも通っています。
いずれは、私の家族を連れていきたいですね…、そんなお店です。

府中のラーメン屋さんが紹介されています。
らいおんさんは2番目かな…、1:32あたりから紹介されています。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。