最強の「あり方(Being)」はクジラだなと思っています、私はそれを目指しています。

以前、高倉健さんの特集をNHKでやっていて、

以前から高倉健さんのファンだったので、録画して何度も観ました。

この番組ではなかったかもしれませんが、

北野武さんが、高倉健さんのことを、こんな言葉で表現していました。

 

 

 

 

「高倉健さんは、クジラなんだよ、

クジラはただ泳いでいれば画になる、

サメやシャチは獲物に食らいついている場面で初めて画になる。

クジラはそのままで潮吹いたり、そのまま泳いでいれば画になる、

高倉健さんもそこに立っていれば、それで画になる。

そんな存在だと思う」

Being(あり方)とはこう言うことなんだ

心のことを学びはじめてから、よくわからなかった「Being(あり方)」、

その前に聞いた、師でもあり、メンターでもある、

岡部明美さんから言われてた言葉、

「たたずまい」。

「その人が、あなたの前に座ったら、何もかにも話してしまう、

そんなたたずまいが、Being」

この岡部明美さんからの教えと北野武さんの言葉が、

自分の中でふぅ〜〜っと、ひとつになりました。

あ〜〜、これがあり方なんだ、私はそこを目指したいんだ。

大きな気づきをいただいた、そんな思いでした。

 

クジラは、その姿を見れば癒しになる。

そんな自分になりたいと、それからは憧れの動物はと訊かれれば、

「クジラです」と答えています。

 

ただそこにいれば良い自分。

私の姿を見れば、その人が安心してもらえる自分。

 

そんな私を目指して行きます。

安心・安全な雰囲気

安心・安全は、絶対なくてはならないものです。

安心・安全な場(雰囲気・場所)

安心・安全な波動を自分が出せる。

そんな私でありたい、

まだまだ道の途中ですが、

私なりの「あり方(Being)」を模索して、目指していきます。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。