人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

LPLアドバンスコース・LPL式コンステレーション「家庭の座」「会社の座」のワークに参加させていただいて、衝撃的だった事!。

2016年4月22日〜24日の3日間、

湯河原リトリート ご縁の杜 – Goen no mori -で行われました。

Waterlogue 1.2.1 (66) Preset Style = ??? Format = 6" (Medium) Format Margin = Small Format Border = Sm. Rounded Drawing = #2 Pencil Drawing Weight = Medium Drawing Detail = Medium Paint = Natural Paint Lightness = Auto Paint Intensity = More Water = Tap Water Water Edges = Medium Water Bleed = Average Brush = Natural Detail Brush Focus = Everything Brush Spacing = Narrow Paper = Watercolor Paper Texture = Medium Paper Shading = Light Options Faces = Enhance Faces

そもそもコンステレーションって?。

基本的なコンストレーションのことは、

紹介するサイトが分かりやすいです。

興味があったら、参照してみてください。

関係する人間の代理を立てて、家族間の問題、家系としての問題、を見える化する。

そしてその問題(未完の感情の完了!、負の連鎖の認識&断絶)をしていく手法です。

 

クライアントとして参加させてもらう!。

クライアントとして参加させていただきました。

まずは傾聴で…、

今回は弟とのことの決着を、これが主訴でした。

私の弟は障害を持って生まれてきました。

そのことは、この場の仲間は知っています。

傾聴をしてもらってる中で、子供の頃に、

亡くなった(父方の)祖母の幼なじみに言われた言葉を思い出しました。

「お前の家(家系)にはこう言うのが(障害者=片輪)出るからな」

その時の祖母の怒りの顔を忘れることは出来ませんでした。

同じ言葉を、ファシリテーターの岡部明美さんに言われると、

感情が激動しました。

怒り、悲しみ、それらの心を隠そうとする気持ち、

一気に溢れました(´;ω;`)。

この感情の激動の原因は、弟が生まれた時の、

「お母さん、僕の話も聞いて…。」

すべての原因でした。

母親も障害を持った弟が出来て、100%の愛情は弟のほうに、

母親も弟が生まれた時は26歳、上手くは出来なかったのでしょう。

4歳の私は…、母親から愛情はもらえない、そんな思いに。

 

母親の代わりに、祖母に愛情を求めて、

また祖母も愛情深く接してくれた、

この事もよく分かりました(´;ω;`)。

 

感情が爆発して、代理の人に…。

感情が爆発して、母親の代理をお願いした人に、

この年令になって、

「ねぇ〜ねぇ〜、お母さん」

この言葉を何度も何度も、繰り返して号泣していました。

この人に抱きしめられることで、自分のヨロイが溶けていきます。

 

未完了の感情がまさに、これでした。

この瞬間は、タイプ8のことは吹っ飛んで、ただただ、

目の前のお母さん(代理の人)に甘えていました。

究極の癒やしです。

 

弟からの言葉!

弟役の人には、

「お兄ちゃんはやさしい人」

と言われ、

「おれは、お前を呪い殺そうと思ってたんだぞ!」

「お前さえいなければ、俺の人生は変わってた!、そう思ってたんだぞ」

ありったけの罵詈雑言を弟役の人に言っていました。

ここでも感情が激動して、どうしようもない状況に。

「でも、お兄ちゃんは優しい人」

この言葉を聞いて、(´;ω;`)(´;ω;`)でした。

 

あ、いた!

母親役の人に甘えて、癒やされてる時、

その瞬間はヨロイが無い無防備状態になります。

そこから、一人の子どもがムクムクっと。

母親にも愛されない私から派生した、チャイルド。

「僕が話しても、誰も相手にしてくれない」

人間嫌いな私が出てきました。

あ〜〜〜っ、いたんだ、やっぱり。

 

実は、私は飲み会が苦手です。

飲み会のなかで一人でいることが多いです。

そのことは、学びの友であるKさんに言われたことがあります。

「三輪さんって、こう言う席、苦手だよね。」

その通りです、耐え切れなくなると途中で帰ります。

その私の原因が、この子なんです。

 

ただただ、感謝!。

 

人間嫌いなその子に、

「変わる必要はないよ、そのままで良いさ」

「途中で帰るのもありさ(*^-^)ニコ」

この言葉をこの「子」にかけました。

その子に、聞くから話してごらん、と言うと、

そこで、その子は笑顔になり、私の中に…(´;ω;`)。

この「子」を見つけられたのは、何か、嬉しかったです。

 

金銭主義、お金があれば何でも…、

そんな私も、今回のコンステレーション、理由が分かりました。

 

今回参加できたことは、私の人生でも大きな出来事でした。

強烈な体験で、パッカーンの意味が少しわかりました。

自分がしてはいけないと言う、しがらみ、思い込みを全部やってみて、

すべてをこの場に任せたあとの、感覚。

それを…、パッカーンと言うのでしょう。

 

参加していただいたみなさんと、岡部明美さんに感謝します。

母親役のMちゃん、弟役のKさんにも感謝します。

この体験をしてみたい人は…。

まずは、ワークショップから…。

こちらを参照してください。

心のこと…、深めてみませんか?。

IMG_3370

 

 

こちらの記事もいかがでしょう?。

 

大下千恵さんのコーチングを受けて、甘えられない自分を深く考えてみました。 : まー坊’sねっと

LPL認定セラピスト・佐倉亜希子さん(アーキー)がPart2、「Life Flow Designer」になり、新たな出発をヽ(=´▽`=)ノ。 : まー坊’sねっと

心屋塾上級ワークショップ認定講師・カウンセラー ひらいなずさんの講義を受けてきました。年末まで学ばせていただきます。 : まー坊’sねっと