人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

大下千恵さんのコーチングを受けて、甘えられない自分を深く考えてみました。

今日(2016年4月20日)は、よーんさんこと、

大下千恵さんに月イチのコーチングを受けてきました。

まえまえから言われていた課題と言いますか、やってみてくださいと言われてたのが、

「甘えてください」でした。

この「甘え」が、なかなか自分の中で腑に落ちませんでした。

 

そもそも甘えるって?

みなさんは、「甘える」でどんなイメージを持ちますか?。

私は、子供のころに家族(親、祖父母)に甘える。

このイメージだけでした。

 

例えば、友人などには「甘える」と言うことは無かったと思います。

それは、「依頼する」「お願いする」であって、

「甘える」とは、私の中ではまったくの別物なんです。

 

だらしないところも見せること

では、「甘える」って、私の答えは。

「だらしないところ(親にも見せないところ)を見せること」

そんな関係の人だけに見せる姿。

これが私の思う、「甘える」なんですね。

 

この「甘え」は友人には出さないです。

一緒に暮らしてる家族、恋人くらいにしか見せないのですね。

 

友人に、お願いすることはできますが、

友人に、甘えることはできないですね。

 

 

さまざまな自分を再発見!

もうひとつ、今日のの話で気づいたのは、

さまざまな自分の事です。

自分でも、俯瞰で見てくれるて、分析家の一面がある自分は気づいていました。

この俯瞰で見る分析家が、私にいろいろと気づかせてくれます。

「あ〜今、怒りを感じてる俺がいる」とか、「少し生活が乱れてるな」などです。

それ以外でもいろいろな私がいます。

今日、出たのはこんな感じです。

IMG_3330-1

このなかの「三輪じい」と言うのが私の本体です、

今日、それをはっきり感じました。

 

結局は…

私は、甘えたい!。

このことが分かりました、なかなか開示できませんでしたが、

私は甘えたい!、そうなんです (*^-^)ニコ。

結局はそこに。

これを、実感することが今回、コーチとしての大下さんに会った理由かもしれません。

これがおそらくキモですね、まだしばらく取り組みます(.;゚;:д:;゚;.)。

ありがとうございました。

 

 

大下千恵さんのサイト

 

新しいイベントもありますね〜。

興味のなるかたはこちらもどうぞ!。

 

 

関連サイト

大下さんが学び、そして私も学んでいます。

 

 

お問合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

メッセージ本文 (必須)

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。