年下の人と接する楽しさ、教わる楽しさ。これが分からないと充実した60代にはならない。

私、56歳。

同級生は、ほとんどが社会人生活の仕上げにかかり始めてるところです。

あと3〜4年もすれば、7〜8割は、好むと好まざるとにかかわらず、

フリーになります。

そのために、今から心がけたいのは、

年下に教わる楽しさ、

これをを感じることです。

 

 

年下を先生と呼べますか?

あえて。「年下」と言う表現にさせてみました。

「年下」と言う言い方には、ほんの少しですが、侮蔑のニュアンスがあります。

本来なら、自分よりも若い人を先生と呼べますか?、

こう表現したいところです。

 

もう自分の人生で、新しいことは良い、今までの経験と知識で充分。

そう思える方はそうしてください、それもまた幸せです。

 

若い人に教わる=若い人に接する=若い友人が増える。

こんな楽しみを今のうちから心がけるべきです。

私は実践しています、楽しいです。

 

 

一緒にいる理由が変わってくる。

あなたがその人と一緒にいる理由って、なんですか?

  • 同世代。
  • 気が合うから。
  • 若い女性だから
  • 同僚だから。
  • 友人だから。
  • 好きだから。

こんな理由からでしょうか?。

 

それが変わってきます。

「いっしょにいると楽しいから!」

この理由だけになります。

年齢、性差、職業、肩書、体型…、

そんな物は、価値や規準にはならなくなってきます。

「あなたといるのが楽しいからいる」

これだけになります。

表面上の理由は一切なくなります。

 

 

そんな人間関係のつくりかた?。

 

習い事

セミナーや、いろいろな講座など。

自分の興味があることを習ってみるのも良いと思います。

30代、40代の人に教わる!、まずは経験してみてください。

習い事と言うと、身体を動かすことなどを考えてしまいますが、

「心」の事を一度学ばれると良いと思います、私がそうしました。

私には「心」のことを学べたのは、効果的でした。

 

 

若い人を受け入れるには、自分を認めることが必要。

自分を認められないと、他人は受け入れることは難しいです。

 

自分を認める。

何をすれば良いのか?、と聞かれそうですが。

 

自分の、長所、短所、境遇、運命…、それらすべてを、

「まぁ〜〜、良いか」と認めることです。

何かに囚われてると…、相手にとっては心のヨロイを着て、

相手に接するようになります。

 

私がそうでした、最初はなかなか自分を認められませんでした。

周りの若い人と上手くつきあうことが出来ませんでした。

自分とその人を比較して、勝てるところだけを見てしまっていました。

 

心が固まっていましたので、劣ってる自分を認められませんでした。

自分の劣ってるところも、

「良いじゃん」「カワイイじゃん」「劣っていても良いじゃいなか!」

この思いができるようになると、周りから声をかけてもらうようにうなりました。

 

おかげさまで、今はたくさんの若い人たちに…、

いじられ、教わり、遊び、楽しい時間を多く過ごさせてもらっています。

もちろん、仕事関係ではありません。

 

同世代のお仲間のみなさん、

 

いっしょに酒を飲んでくれる、30代、20代はいますか?。

いろいろな事を教えてくれる、40代、30代、20代はいますか?。

こちらの記事もいかがでしょう?。

[blogcard url=”http://m-bose.net/archives/302″]

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。