「自分への甘え」と「自分への許し(承認)」の間は「ゆらぎ」で良い!。

自己承認…。

言うは易しで、行うことは難しい。

何度も、自分でやってきましたが、同じ意識が出てきます。

「無能力感」「無資格感」ですね。

「頭で分かっても。」

そんなフレーズが浮かんできます。

何かを止めることは「自己承認」?

今まで、やっていた事を止める。

やらなくて良い、と思う。

そんあ時に頭に浮かんでくるのは…、

自分の甘え?、なまけてる?、さぼってる?、そんな思いにかられます。

o0800060010494051928-1

サボッてるわけではなく、止めることにより自分の心のスペースが空いて、

戸惑ってるだけだと思います。

心のファスティング

私は、最近、心のファスティングだと思っています。

何か新しいことを始める時は、何かを止める。

大きな目で見ると、自分がやらなければならないこと、そちらに向かうことになると思います。

ゆらぎ

自分の中で、迷うことがあっても、それはそれで良いと思います。

心のゆらぎを感じる、私に一番足りない部分です。

今は、この私の心のゆらぎを感じます。

それが一番大事なこと、必要なこと、自分の心が命じたことです。

今はその感じを大事にしたいと思っています。

誰かの価値ではなく、自分の価値。

社会の価値ではなく、自分がやると決めるかどうかが、一番大事なこと。

この考えは、何かを止めないと思えなかったと思います。

やめるのも自分、始めるのも自分。

価値観が定まってる時は、

自己承認とができている、そう思ってよいと思います。

それだけが、唯一の価値観だと思います。

みなさんはどうですか?。

自己承認できてますか?。

私もまだ、道の途中です。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。