母親に最大級の怒りを感じた日、来るべき時がやってきた。

母親(81歳)の老いが進んできました。

少し、冷静に考えるために、ブログに書いてみることにしました。
しかし、ブログ復帰の記事がこうなるとは…。

1,言うことが毎日変わる。

先日、新潟の大叔父(祖母の妹さんのご主人)が100歳で亡くなられました。
私の父親が亡くなった時にも、香典をいただいていたので、
家を代表して私が参列することにしました。

私にとっては大叔父ですが、母親にとっても叔父なので母に、
「一緒に参列しないか?」
と二人で参列することにしたのですが、夜になると、精神状態がおかしくなり、
「あなたが行けば良いと思うから、私は行かないから、よろしく頼むね」
と弱気な事を言い出してきました。
母親の希望なら仕方がないと、その希望に添うようにしました。

翌日、突然に「やっぱり行くわ」と言い始めて、そんなことが二度続き、
結局、母親は参列しないことに。
葬儀なので、告別式が終わったあとの会食(新潟では“とぎ”と言いますが)、
そのために食事の人数を前もって予約しなければなりません。
そのために、「申し訳ないですが、母親は不参加でお願いします」
そのように親戚に使えたのですが。

もう気持ちは変わらないね?、と念押しもした後に、
当日、「やっぱり私も行く」と言い出しました。
断ると、「お願いだから…!」と言われましたが、連れて行くわけには行きません。
「あんたは、連れてってくれないのね!」怒りをあらわにした母親でしたが、連れていくことはできませんでした。

葬儀が始まる3日間は、毎晩。母親からの電話で、
ホテルを予約、キャンセルを繰り返しました。
親戚も迷惑をかけた形になりました。
もはや、公の場には母親は連れて行けないなと、痛感しました。

周りの状況よりも、自分の感情が優先してきた、これはやはり「老い」なのでしょうか?。

2,自分以外は悪者と言う妄想(私は被害者)

母親の資産を、母親から頼まれて私が管理してるのですが、

「あんたのお金だけ順調に増えているのに、私のお金は全然増えていない!」

と言ってきました。

母親は分配金が出る商品で、それを変えると、分配金が出なくなります。
そうなったら、なったで…、
「お金が振り込まれていないのよ!」
と、私に電話がかかってきます。
だから母親の商品は変えていないと、そのことを説明すると、
「○○証券の人から、80歳になったら代理人を立ててもらいます。そう言われたから、あんたに頼んだのよ」
そんなことはありません、私もやりたくはないのですが、母親から頼まれて代理人をやっているのですが。
○○証券の名誉のために書いておきますが、証券会社からそんな事は言われておりません。

自分以外は悪者、息子である私も悪者です。
自分はだまされてこう言う風にした、と言う風に思ってるようです。

念押しするような形で、母が私に。
「母さんのお金は、私が死んだら、あんた好きなようにして、私が死ぬまでは変なことしないで!」
代理人は勝手に私のお金を自由に出来ると思ってるようです。
息子である私も、まったく信用されていないようです。
何度も説明しても分からないようです。

3,記憶の混同

書かせていただきましたが、今回の葬儀には、母親は参列していません。
母親からの突然の電話があり、

「○○ちゃんに私、会っていないのよ!、あんた会った?」

○○ちゃんとは、私の叔父で、今回の葬儀の喪主なんですが、
「俺は会ったよ…、喪主なんだから、挨拶もしたし、話しもしたよ」
なんで私、会わなかったのかな?、と母親が言うので、
「母さんは、新潟に行かなかっただろう!、何言ってるの?」
と言うと、やっと気づいたみたいで、
自分も新潟に行った、と言う記憶の混同があるようでした。

4,とうとう来たか!。

とうとう来たか!、
そんな感じを強く持っています。

もっとひどくなれば、病院に行かなくてはならないかな?、
そんな風に思っています。

今回の一連のことで、久しぶりに母親に怒りを感じています。
ものすごく反応している自分を感じています。

専門の人のアドバイスをもらう段階だなと感じています。

今、考えて対処しないと…、そのことを専門の人にアドバイスをいただきたい。
切にそう願っています。

 

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。