事実だけでコミュニケーションをとる練習をしています、これだけで人間関係の悩みからはずいぶん楽になれます!。

解釈、決めつけだけの、私の発言に驚きました


あなたは、こんな会話をしたことがありませんか?。

○○さんは、また遅れた(遅刻)か…、あいつはだらしないなぁ〜

この言葉で事実なのは、赤く塗った部分です。
青で塗った部分は、発言者のジャッジメント、解釈、決めつけです。

ある事実に、
私がジャッジメント(決めつけ、解釈)をして発言することが多いことに気づきました。
私の発言のほぼ9割は、このパターンです。

一つの事実に、私自身が解釈をつけて感じて、そのことを発言してしまう。
あなたにもそんな事はありませんか?。
私と同じようなかた、多いのではないでししょうか?。

 

解釈もまた反応だと感じました

私の(あなたの)その解釈もまた、「自動反応」のひとつだと感じました。
なぜ?、その事実にそういう解釈をしてしまうのか?、
なぜ?、その事実にそういうジャッジメントをしてしまうのか?、
そこに…、コミュニケーションの悩みがあるのではないでしょうか?。

最初の文章で言いますと、「遅れる(遅刻)」=「だらしない」と言う風に反応してしまう。
そこを見ていくことが、コミュニケーションの悩みを楽にしてくれるポイントだと思います。

そのジャッジメントの裏のニーズを考えてみる

今回の場合は「だらしない」と言うジャッジメントをしたのですが、
その言葉の裏に、私のどんなニーズがあったのか?、
そこを考えてみるのが、「反応」についてを見ていく、と言うことになります。

私には、
「私にだらしないと思わせないでくれ」
「自分のほうが、このことについては優れている(時間にきちんとしている)」と確認したい。
「だらしない君でいてくれ」
など、複雑で、ジャッジメントしてる側の闇の部分をも、見ることになります。

すべての言葉、には…、必ずニーズも伴われています。

事実だけのコミュニケーションとは?

事実だけみていくと、「遅れた」と言う事実だけがあるだけです。
でもその人がだらしない、と言うのは事実ではありませんよね。

「事実」とは、だれが見ても変わりようがないことだと感じています。

この例えでの事実だけのコミュニケーションで言うと。
「○○さん、遅れたね〜」だけになります。

 

逆にジャッジメントされた発言をもらった時には

こちらも同じです。
相手の発言で、事実は何なのだろうか?、
相手のジャッジメントは何だろうか?、
相手のニーズは…??。
そう考えていく訓練を今しています。

これだけでも少しずつ、コミュニケーションは変わってきました。
以前なら、反応的に感じたことが…、いったん間をおいて相手に対応することができます。

事実は何なのだろうか?

これはいろいろな場面で使えます。
カウンセリングにも応用できます。
「事実は何?」
このことは、これからも感じながら、傾聴や、そして発言する時にも大事なキーポイントになると思います。

あなたの反応したことの事実はなんでしょうか?。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。