2018年、明けましておめでとうございます┏○ペコッ。2018年は「受け入れる年」としました。

2018年、明けましておめでとうございます。
みなさま、よい年をお迎えのことと思います。

2018年、私は…

私は、昨年末から一人で年末年始を過ごしました。

一人も、それはそれで良いものです。
なんて、負け惜しみです、やはり家族で迎えるのが一番です。
でもしかたがないですので、一人で内観する年末年始でした。

2018年は「受け入れる」を主眼に一年を過ごそうと感じました。
起きることのすべてを受け入れて…、誰のせいにもしない。
そのことを2018年に主眼にしていきます。

 

私は目標達成した人間

今までは、「何か足りない」「まだまだ」だと言う強い囚われに呑み込まれていた日々でした。
変わりたい!…そんな思いでやってきました。
私は…マイナスしか持っていない人間だと感じていました。

視点を変えてみると、
私は…30代の頃になりたいと思っていた「私」になっていることに気がつきました。
働かなくても得られる、「経済的自由」、これを30代の頃は目指していました。
今はそれが、手の中にあります。

私はなにも出来なかった人間ではなく…、30代の夢の一部を達成できた人間。
この視点から始めようと感じました。
ここ数年では、久しぶりにプラスからのスタートになれそうです。

自分の心のトゲを抜くことにさらに磨きをかけたい

自分の心のトゲを抜いて、穏やかな私になることで、その上であらゆる事を受け止めていく。
そんなイメージが、浮かんできました。
これこそが、「引きよせ」なのでは…なんて思っています。

そしてこれが私の「ありのままで良い」と言うことなのではと感じました。

私に接してもらえれば…心地よくなる…。
そんな私に、今はなりたいです。
それが、カウンセラーなのか…、ただのオヤジなのか、どちらでも良いことなんです。

「三輪 昌志」になるための、今年の主眼点は「受け入れる」としました。

2018年もよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。