できない、感じない、わからない…その中から「宝=強み」を見つける。

私は心の事を学びながら、自分ほど心のことに向いていないと感じています。

「できない」「感じない(感じることが苦手)」「わからない」そんなことのオンパレード(笑)。

適性がすくない…、時間がかかるタイプなのだなと思っています。

 

そんな私の強みは…、できないからこそ、わからないからこそ、「真摯」に人と対応すること。

分からないから真摯に他人の話を聴く、それだけです。

 

今、一番気をつけてることは…、「なまじっか」と言うことです。

なまじっか分かるので、見立てを間違えると…押しつけ、決めつけにつながってしまう。

その事だけは避けたいなと思います。

 

分からない、適性がない、だからこそ「真摯」に人に向き合う。

それを自分の信条にしていきます。

 

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。