人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

「癇に障る」ことを見つめてみると…自分に見えなかったことが見えてきます。

よく感情の自動反応って聞きます。

理由はないのですが、その事を言われる、それをされると…、

怒りや、イライラを感じることがありませんか?。

そのことを自動反応って呼んでいます。

日本語でピッタリな言葉は…、

「癇に障る」→「かんにさわる」「しゃくにさわる」だと思います。

 

癇にさわるの…正体は?。

なぜ、そんな感情が湧くのでしょう?。

そのことを考えてみましょう。

1,自分が禁止していることをしている。

無意識で自分がしてはいけないと思っていることを、その人がしている場合があります。

あなた(私)にはあなた(私)の基準があります。

価値観、生き方、ファッション、身だしなみ…etc。

すべてにあなた(私)が生きてきて、自然に身につけた基準があります。

そのあなた(私)が勝手につくった、その基準に反する行為をしたので、

あなた(私)はその人のその行為に反応する。

 

2,不快…と言う基準にその人が触れてくる。

禁止していることの他に、あなた(私)の「不快」と言う基準もあります。

匂いとか、感覚的なことで、本能的に基準をつくっています。

匂いと書きましたが、音、味、体感覚…これらにもあなた(私)の基準があります。

いわゆる「好み」ってやつです…。

その「好み」に反することに遭うと、反応してしまう。

 

その人が嫌いではなく、その行為が嫌い。

自分の反応を見ていくと、

その人自体が嫌いではなく、その行為が嫌いで、苦手…。

これが正確な表現だと思います。

つまり…、嫌いな人は存在しないのです。

その行為が嫌いなだけなのです。

そのことが腑に落ちると、その人や事柄に対する「癇に障る」は少なくなっていきます。

 

本当はそれをやりたかった?。

嫌いなその人の行為は…、

その行為をなぜ禁止事項にしたのでしょう?。

・親御さんや、先輩からの価値観のしつけがあった。(しつけ)

・自分がやりたかったのですが、できなかった。(憧れ)

大きくこの2種類があると思います。

 

私の場合で見てみましょう。

以前、私は親や祖父母から、

・男は黙ってやりなさい(不言実行)。

・身なりはきれいに…。

・お金はきちんとしなければならない

そして、会社は先輩からは…、

・髪の毛は短く、髭は伸ばさないで、スッキリとした身なりで。

・時間は守る。

・挨拶はしっかり。

こんな教えやしつけを受けてきました。

 

そんな私の知人が、長髪で、髭を伸ばし、ペラペラよく喋り(うるさい)、

そんな人でした。

その人に対して、最初は反応しまくりの私。

その人が嫌いでした、正確にはその人のこう言う行為が嫌いでした。

 

でも、その事を禁止したのは、自分ではないと気づきました。

そう、親や祖父母のしつけから自然と身についた基準でした。

そして、長髪、髭を伸ばすことは…自分自身がやりたかったことだよなぁ。

そんな気づきがあり、「その人と自分の基準」の分離ができました。

もちろん、その人のことは嫌いではなくなりました。

好きとは言えないかもしれませんが、「癇に障らない」人になりました。

 

癇に障るの、癇がひとつ無くなりました。

心のトゲが1本抜けました。

 

癇に障る人は自分を見つめる良いチャンス

癇に障る人、その人はあなた(私)自身を見つめるチャンスをくれた人になりうることができます。

癇に障る人、癇に障りまくる人…。

本当は、その人のこと…大好きなのかもしれませんよ。

 

 

Information

【予告】まー坊、カウンセリング・セッション始めます。

細かいところを今、詰めています。

数日中には、くわしい事を公開できる思います。

乞うご期待!。