人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

心のトゲを抜く…、これってどういう事なんでしょう?。

私は、「怒り」で自分を防衛している時期が長くありました。

自分の悲しみや、自信のなさを「怒り」と言う鎧を着て守っていました。

自分が見せたくない部分を隠すための手段が、「怒り」「威圧」だったのです。

そんな人って…多くないでしょうか?。

 

自動反応としての怒りの感情

何かに刺激を受けて、自動反応的に怒りの感情が湧き上がる。

そのことは、怒りの感情と書きましたが、「根拠のない怒り」なんだと思います。

俗に言う、キレる…と言う状態です。

このザワザワした部分に飲み込まれて苦しい思いをしてきました。

 

心にささったトゲを抜く

どんな反応にも、必ず原因があります。

そこを見つめる…、それはカウンセラー、セラピストさんの力を借りて見ていきます。

未完了の感情…、これがあると思います。

未完了の感情については、こちらのブログが素晴らしい説明が書かれています。

幼少期のもつれた感情は大人になっても、生き続ける。

このことを自分を見つめながら体感してきました。

 

トゲが抜けていくと心が穏やかになります。

未完了の感情が完了していく。

これを経験していくと、安心した感情が増えてきます。

頭での考えではなく、肚からの安心感とでも言いましょうか、そんな感情を感じることができます。

安心感は心のスペースを空けることができます。

そのスペースは心の余裕になります。

その結果、自動反応の原因(未完了の感情)が無くなります。

まさに「どちらでも良い」と言う感覚になります。

 

もちろん、トゲは一本だけではありません。

また同じような感情になります、それを何度も何度もトゲ抜きをくり返して、自動反応の怒りを解いていきます。

このことも自分を見つめることの一部なのです。

見せたくない自分はもちろん存在します、その部分も見られても良いや。

むしろ見せてやれ…、こんな感情に変わる、これを「トゲが抜けた」と表現してるのだと思います。

 

トゲはあらゆる感情になって現れる

心のトゲは「怒り」だけではありません。

渇望、悲しみ、落胆、無価値感、言葉にならない不快感になって現れます。

その感情に向き合う=自分と向き合う。

かんたんに言うと、こう言うことなのだと思います。

 

安心な心になるとは?

1,心が穏やかになる。

2,「他」をそのまま受け入れることができる。

3,条件づけはなくなります(〜〜してくれたら、と言う条件)

4,自己開示ができるようになります。

5,自己肯定感は高くなります。

 

今の状態が楽になります。

昔は、仏頂面が普通の顔でしたが、今は当時の顔はなかなかできません(笑)。

自分が変わると…周りの人の私に対する接し方が変わります。

これこそが状況が変わる…、そう言うことなのだろうと思います。

 

風邪をひいたら、お医者さん。

心も風邪をひきます。

そんな時は、カウンセラー・セラピストさんです。

気軽に利用してください。

一人で苦しまずに…、そう願っています。

 

 

 

 

 

お問合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

メッセージ本文 (必須)

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。