「それも私だから」は自己肯定の最強の言葉だと思います。何かしくじった時にこの言葉を言ってみてください。

何かしくじった時、

自分が嫌でたまらない時、

自分がみじめで、どうしようもない時、

嫉妬がわきでてきてどうしようもない時、

だれかに振られた時、

最後に、「それも私だから」とつぶやいてみてください。

 

どんな人にも失敗、しくじりはある

 

どんな人でも失敗、しくじりはあります。

仕事、対人関係、自分の心の中、いくつものしくじりがあります。

ときには、自分のことが嫌で嫌でたまらないときもあります。

そのまま落ち込んでしまっても、それも自分なんだ…。

そんな意味で、「また◯◯しちゃった…、でもそれも私(俺)だから」と言ってみてください。

 

肯定も否定もしない言葉

やってしまったことは、起きてしまったことは、仕方がない。

現実をすべて受け止める言葉として使っています。

失敗(しくじり)はしても…、自分の存在は否定しない、そんな意味でもこの言葉は有効です。

負の思いは、思いとして受け止めて、それも含めて、「私だから」。

こう思えれば、無意味な後悔、無意味な自己否定にはなりません。

 

よく私も使います。

しくじりだらけなもんで^^;。

 

隠してはいけない

自分のこと(強みや得意なことも、弱点や不得意のこと)は隠していては、増長やひがみの元になります。

できるだけ開示できるようになると…さらに「それも私だから」の効果が出ます。

 

例えば、他人から自分のだめなところを指摘される時、

「そうそう、俺、そう言うところがあるのよ〜、でもそれもふくめて私だから」

自分の欠点、自分の不得意なところも愛せて…「それも私だから」、です。

 

落ち込んでるそこのあなた、

ご一緒に・・・・、

「それも私だから!」

そんなあなたが周りの人も大好きなんですよ。

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。