陳皮(ちんぴ)を試しに作ってみました。捨てるだけならもったいない、漢方薬になりますよ。

もうすぐ旬が終わる、みかん(温州蜜柑)。

テレビ番組でみかんの皮が薬になる…、そんな事をやっていたので、試しに作ってみようと…。

調べてみたら…なるほど効果があるのだなと確認したので、しかも簡単なので、やってみようと。

みかんと免疫力については、こちらのサイトを…。

つくりかたは簡単

1,食べたみかんの皮を殺菌

食べたみかんの皮には、ワックスとかついているので、それを洗浄し、さらに殺菌するために、80度のお湯で3分加熱します。

 

 

2,乾燥する

キッチンペパーで水気を取り、ザルか、干物をつくる網などで乾燥させます。

パリパリに乾いたら完成。

簡単です…。

私が今回使ったのは、こちらです。

陳皮を作るために買ったのではありませんが、

早速これで、干しました。

 

現在はもう少しで完成します。

手順は簡単です。

キッチンペーパーで水気をとらないで、そのまま乾燥したので、時間はかかりますね。

私は物干し台にぶらさげて乾燥しています。

天気予報で☂の予想でしたら、屋内に取り込みます。

どんな陳皮になるか楽しみです。

 

そもそもそれも面倒くさい方は、

楽天などで販売しています。

[blogcard url=”http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E9%99%B3%E7%9A%AE/?pc_search=%E9%80%81%E4%BF%A1″]

それを利用されると良いでしょう(*^-^)ニコ。

完成して、服用(一応、漢方の薬なので)したら、また書かせていただきます(*^-^)ニコ。

 

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。