あなた、人前で泣くことなんてできない?、実は私もそうなんです(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )。

泣けない男…、あなたもそうですか?。

実は、私もそうなんです。

長い習慣で、人前で涙を見せることは、「恥」「負け」「弱さ」なんて思っていました。

弱さを見せたくない…そんな思いが涙を封じ込めていました。

 

禁止事項になっていた涙

自分の人生で育った過程で「男なら泣くな!」、

これが強烈にインプットされていました。

両親はそうでもありませんでしたが、明治・大正生まれの祖父母からそう教わりました。

祖父(明治生まれ)、

「男ならメソメソするな、泣きたくなってもこらえろ」

祖母(大正生まれ)、

男は親が死んだ時以外は泣いちゃいけないのよ!」

そんな環境が、人前では涙を見せてはいけない…、こんな思いが刷り込まれたのだと思います。

実際、祖父母は私の前では涙を見せたことはありません。

祖母の兄弟が亡くなった時も…、淡々としてたように見えました。

その姿が正しいのだと思いこんでいました。

 

どんな涙もダメ!

涙にもいろいろあります。

「感動の涙」「悔し涙」「悲しみの涙」「同感の涙」、

そう言う感情は無い?、そんなことはありません。

もちろん、感動したり、悲しんだりして、涙がたまることはあります。

ウルウル(;_;)と言う状態です。

そこで無理やり涙を止めてしまいます。

そうやって生きてきました。

その心の中はどんな思いがあったのでしょう。

 

安心できる人の前でないと泣けない

以前は、恥ずかしい、そんな感情もありました。

涙は弱さ、涙は恥、そんなことに若い頃は囚われていました。

何があっても動じないのが、強い男…。

 

今は、安心(信頼)できる人の前でないと、泣けない。

これが今の自分の正直な思いです。

もし、何かの機会で私が涙しているのを見たら、そこにいる人、その場所に安心(信頼)を感じていると思っていただいて結構です。

そんな場所でないと涙することはできないのが、正直な気持ちです。

 

涙の防波堤の決壊

心の学びの中で一度だけ号泣したことがあります。

その時は、こらえてこらえて…こらえきれずに。

涙の防波堤が決壊しました。

文字通り、その場で慟哭して、号泣しました。

その時の様子は…、ブログに書かせていただきました。

[blogcard url=”http://m-bose.net/archives/734″]

あたりまえの話ですが、私にも涙はありました。

 

男の涙は信頼の証?

よく涙は女の武器…なんて言いますが、そのことはここでは触れずに(*^-^)ニコ。

私に関してですが、涙は信頼の証だと思っています。

つまり自分の弱いところ、見せたくない自分を見せる、それができる証拠なので、私の涙は、そこにいる人、その場所に対する絶対の信頼の証なんです。

 

悲しみの共有

友人が悲しみにくれている時など、悲しみを共有する場面があります。

そんな時、泣くことができるか…、それはどちらでも良いと思います。

泣くことができてもできなくても、どちらでも良い。

悲しみの感情がわかっていれば、それで良いのです。

 

最後に、私が敬愛するメンター、師でもある、岡部明美さんの言葉を…。

「心が開いた時、男は悲しみを出すことが多いの、
悲しみを隠して男は生きてる」

「心が開いた時、女は怒りを出すことが多いの、
怒りを隠して女は生きてる」

もしかしたら、涙は男の特権かもしれませんよ。

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。