「お役目」と「お試し」はもれなくセットでやってきます。

お役目

自分のやるべきこと。

心の底からやりたいこと。

大いなる意志からの役割。

自分ができること(才能)。

自分がやるべき天職。

自分の授けられた適性。

これらを、「お役目」と言う言葉で私は感じています。

 

お試し

「お役目」を見つけて、感じてそのことに進もうとすると、

いろいろな障害が起きてきます。

それらすべてのことを「お試し」と呼んでいます。

「自分の見つけた❝お役目❞をやっていく、その覚悟は本当にあるのか?」

と言った、大いなる意思の問いかけ?、試されてるようなこと。

そんな風に思っています。

 

お役目であっても…そのまま上手くいくとは限らない

あなたが見つけたお役目であっても、すぐには上手くいくとは限りません

いろいろな「お試し」(障害)がでてきます。

私の場合で見てみましょう、いろいろなことが起こりました。

 

①マンションを見つけるまでの心の葛藤

最初は自分の心から出る迷いです。

そんな時の感情は、「損得」で考えてしまいます。

これだけの投資して、いつペイできるのか?、

そもそも俺にその資格があるのか?、

こんな考えよりも、やはりやりたいのだ…!。

この考えにたどりつくまで、大変でした。

「損しても良い」「だめになっても、それはそれで良い」

心の葛藤を抱えたままでも良いので、物件探しをしていました。

 

②いろいろな価値感に出会う

こう言っては何ですが、私は普通より多く資産を持っています。

ところが、資産よりも年収…、そんな価値観に出会います。

ものすごく良い物件に出会っても、年収ベースの基準にぶつかりました。

年収は無い立場の私(投資の配当金で糧を得ています)。

資産がこれだけあると言っても、

年収ベースが基準なので資産があってもお貸しすることはできません。

これで一番良いなと思える物件は借りることはできませんでした。

 

③モタモタする自分

なぜか、やりたいことなのに、モタモタしてしまう自分。

やりたくて動いてるのに、気後れしてしまう自分。

本当にモタモタしていました。

初めての戸惑いとか…もろもろ心の中で起きてきます。

心の学びが無かったら、途中で挫折していたかもしれません。

 

④いろいろな物が壊れる(故障する)

借りたマンションだけではなく、実家の家電が面白いくらいに壊れました。

しめしあわせてるのでは?、と疑いたくなるくらいでした。

実家の改修も必要となり、お金が予想以上に出ていきました。

今から思うと、これも「お試し」の一環だったなと思いました。

実家、赤坂のマンション、両方とも空調がダウン…。

トイレのつまり…トイレの改修。

洗濯機の排水管のつまり…いろいろりました。

 

⑤財布を落とす

五反田駅付近で…、財布を落としました。

後に、拾われて戻ってきますが…。

なんで、こんな時に…、普段ならぜったいやらないのに。

こう言うことが多く起きました。

 

⑥母親の情緒不安定

母親の心が、情緒不安定になりました。

ものすごく不安感が強くなり…、無理難題を言ってくるように。

まぁ〜〜、よく起こるものだと感心しました。

 

⑦自分の体調不良

この時期は私も、体調が不良でスッキリしない時期を過ごしました。

このことを潜在意識の拒否、と捉えるか、

これはお試しなんだと捉えるのとは大きな違いが出てきます。

 

最後まで信じられる

お試しなのか?、心からの否定なのか?、

その違いは何でしょう?、

それは…、最後まで自分の「お役目」を信じることができるかの点だと思います。

疑っても良いと思います、私も疑いました。

できるのか?、などと。

でも信じていました、私はこのお役目をやっていくと。

信じるか信じられなくなるか、この差なんだと思います。

 

独立するとか、何か新しいことにチャレンジする。

そんな方にもいろいろな障害が起こり得る状況だと思います。

 

お役目の覚悟とは、

「自分を最後まで信じることができるのか?」を試されてる期間だと思います。

 

信じることができる一番の根拠は、

プロセスはすべて正しい、私(あなた)に起きることはすべて正しい。

この考え方です。

今がどんなにつらくても、それは後(未来)のために必要なことだから起きる。

この考えがあるので、「お試し」を受け入れることができる。

そんな風に考えています。

 

「お役目」を始めると、もれなく「お試し」もやってくる。

不可避なものだと思ったほうが良さそうですね。

あるんだなと思っていれば、いざ「お試し」が来た時に対処できて、覚悟がさらに深まります。

そうやって、「お役目」を歩んでいけるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。