人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

心の世界を見える化(視覚化)するということは。

心は見えません…。

読むことはできますが、見ることはできません。

そんな心のことを見える化することって…?。

どんなことをするのでしょう?。

 

数値化

心の数値化、とでも言いましょうか。

A,B,それぞれに異なった条件で、人はどんな行動を取るのか?、

その行動で、どんな心の変化があるのか?、

これらを数値化していく。

こう行動する人たちのグループは、こう言う傾向にある。

その人たちの割合は何%とか、です。

こう言うことは、学問としての心理学には多く見られます。

 

言語化

自分の今の思いを言語化する。

相手の思いを言語化する。

自分の心のパターンを言語化する。

相手の心のパターンを言語化する。

「◯◯に対する怖れから、それから逃げる、

◯◯の怖れをず〜〜っと持って生きてきた」

良い例えとは言えないかもしれませんが、

 

自分、相手の今の思いを言語化する、

これも大事な一面だと思います。

 

知識化と言っても良いと思います。

このことに私が一番すぐれていると思っているセラピストさんは、

名古屋で活躍されている、

ばんちゃんこと、阪東朝康さんだと思います。

彼のセミナーでお話を聴く機会があり、

この人の知識は凄いと思いました。

機会があれば一度受講することをお薦めします。

 

感覚化

心の深いところ、潜在意識は言葉を持ちません。

感覚としてその人に現れます。

感じることなしに心のことは理解できません。

まずは感じることが最初で、その感覚を充分感じてから、

その感覚、思いを言語化する。

 

感じることと、

その感じたことはなぜ?、

そのなぜに…対応できるのが言語化だと思っています。

この感じること、感じてもらえること、

それを言語化して。

言語化して心のパターン(くせ)を理解して、

その、心のパターン(くせ)を手放す。

 

この両面は大事だと感じています。

 

いろいろなアプローチがあります。

100人のカウンセラー、セラピストがいれば、100通りのアプローチがあります。

そのことを学んで、その人のBeingを感じたいので、

いろいろな人のセミナーに参加させてもらってる。

今の私の強い思いなんです。

 

坂東朝康さんについて

2月19日に東京でセミナーが開かれます。

私も参加させていただきます。

 

ばんちゃん主宰の「心塾」心のことに興味のあるかたは是非!。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
No articles