あなたの怒りは、何を隠している?。怒りの底には…何があるのでしょう。

怒りの感情、だれにでもあります。

私もどちらかと言うと怒りっぽいほうでした。

あくまでもほうでした…です。

今は違います(*^-^)ニコ。

 

怒りのふた

怒りは、何か別の感情を隠してる時も多いと感じました。

怒りのふた、そんな感じでした。

その怒り(憤り)の底には、どんな感情があるのでしょう。

不安

自分の怖れを見られたくないから、怒りの感情で隠している。

これはよくあります、自分でもやっていました。

自己開示がなかなかできない、そんな人によく見られます。

 

悲しみを他人(ひと)に見られたくない人もいます。

私は良い例かも、

感動してるのに、人前で泣けない。

涙は敗北、涙は弱さの象徴、そんな人いるのではないでしょうか?。

あなたはどうですか?、いわゆる人見知りタイプの人です。

※ エニアタイプ8の一部によく見受けられます。

私も、エニアタイプ8ウイング7です(^^ゞ。

[blogcard url=”http://www.transpersonal.co.jp/p/enneagram/about/test/”]

 

苦しみ・悲しみ

他人に自己開示が苦手な人は、怒りで苦しみや悲しみも隠す傾向があります。

他人に、「今、しんどいんだ」「今、苦しいんだ」が言えない人。

そんな苦しみを怒りで隠します。

 

おおよそ言えることは、

「心の傷を隠すために、怒りを前面に出す」

そんなことってありませんか?。

 

自分にも、他人にも

自分が怒りと言う反応をしてしまう時、

自分の感情のなかの「別の感情」を隠しているのか?

そこを見つめることができれば、

自分のなかにもう一人の自分…を見つけることが出来ると思います。

 

他人が怒ってる時に、

何の感情にふたをしてるのか?、

怒りの底には、何があるのか?、

 

自分を守るために、使う一番原始的な感情が怒りなんだなと思います。

 

そこを、見つめると、

別の感情が見えてくる。

そんな気がします。

 

そこを見て、その人に寄り添いたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

三輪 昌志

三輪 昌志

カウンセラー・セミナー講師 準備中の三輪(まー坊)です。

人の話しを聞けない、囚われに満ちたおじさんだった私。

ひょんなことから、心の学びを学ばせていただくことになり、悪戦苦闘してきました。

そんな私でも、学び感じて、変化できました。
この変化できた学びを、以前の私のような人にお伝えできるように、活動中です。