人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

弟との面会(障害者の家族を持つと言うことは)。

みなさま、あけましておめでとうございます┏○ペコッ。

今年(2017年)も、三輪 昌志をよろしくお願いします。

 

年末の31日、弟のもとに面会をしてきました。

重い障害を持って生まれてきた弟です。

私の人生に大きな影響を与えてきた弟です。

 

幼い時…。

生まれたばかりの時、弟が障害を持って生まれてきたとは思いませんでした。

つまりこれが当たり前(普通)なんだ、そう思っていました。

小学校にあがった頃から、

「あれ?、他の家と違うな」と、思い始めました。

とどめは、同級生の言葉でした。

「お前の弟、なんか変だよな、それに臭いし」

その時、弟が障害者なんだと自覚しました。

その後、弟は施設に入り、それから40年以上、兄弟としての感覚はありませんでした。

 

片輪(かたわ)

中学生の頃、祖母と一緒に福島の親戚の家に行った時、

祖母の幼馴染のどっかのじいちゃんに言われたことばです。

「おまえ(祖母)の家には、こういう片輪が産まれてくるからな」

この言葉を言われた事、時ははっきりと憶えています。

世間の目はこういうもんだなと思った瞬間でした。

 

弟に対する憎しみ

何かことあるごとに、例えば、女性に振られたとか、

結婚しようとした時にそれがうまく行かなくなったりとか、

そんな事を弟のせいにしていました。

弟を原因にして弟のことを憎んでました、それが最近まで、50年近く続いていました。

 

メンターの言葉

教えていただいてる、LPL主宰の岡部明美さんの言葉を聞いてから、

自分の中の何かが変わってきました。

「どんな時代でも、0.2%の割合で、障害を持った人が生まれてくる」

「その人達の役割は、愛を伝えるためにこの世に生まれてくるの」

この言葉を聞いてから、自分の中の芯の部分で何か揺さぶれる感じがありました。

ですが、なかなか…、思い(囚われ)が解けるまで時間がかかりました。

今はおかげさまで、この弟がいてくれたから、心の事を学ぶようになり、

今の私がある。

自分の人生のプロセスに、弟は欠かせない存在なんだ…。

そう思えるようになってきました。

これは今、学ばせてもらっている❝LPL❞❝岡部明美さん❞のおかげです。

 

これからの自分

私が、今の思いに至るまで…、50年かかりました。

私の思い込み(囚われ)が強かったせいだと思います。

そう言った障害を持った家族のかたでも、普通に生活して、

健全な精神でいるかたもいらっしゃいます。

 

私と同じような境遇、障害を持ったお子さん、ご兄弟などが生まれてきて、

悩まれたり、苦しんでいるご家族のかた、

そんな方たちに寄り添える私になりたい…。

それが今年(2017年)の大きな目標です。

それにはまだまだいろいろなことが足りません。

自分でカウセリングなどの実践をつみながら、

学んでいきたいと思います。

障害を持った家族を持つ、これは家族だけにしか分からない葛藤があります。

隠したい、見られたくない、訳の分からない不安などです。

そこに寄り添いたい、今はその思いを強くしています。

 

LPL

お問合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

メッセージ本文 (必須)

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。