人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

可愛がれない…でも…。

あるセッションでのお話。

そのかたは、下の兄弟には愛情を感じない、愛を感じないという。

こんなお話で始まりました。

そのかたは一番上だったので、お母さんからは厳しくしつけられて育ったようです。

それでもお母さんが大好きだったので、お母さんの炊事をよく手伝ったていて、

そんな時間が楽しかったと言うことでした。

大きくなって、下の兄弟の食事はその方が面倒をみたということでした。

 

可愛がると愛する

そのお話を聞きながら、そのかたのお母さんに対する思いの強さを感じました。

下の兄弟のお一人とは、いまでも上手くいっていないのは、

自分が愛を感じないから?。

はたしてそうでしょうか?。

そこで訊いてみました。

「下のご兄弟に毎食、ごはんの準備をしていた…。

これって、すごい愛じゃないですか?」

根源的な愛だと感じました、義務でやってたと思っていたかもしれませんが、

義務だけではここまではできないと思いした。

お母さんから言われたので、…そう言ってましたが、

言われただけでもここまでできません。

 

可愛がることはできなかったかもしれませんが、ご兄弟を愛していた。

 

愛を感じないのではく、ありあまる愛をご兄弟に注いでいたと私は思います。

そのことを伝えました。

下のご兄弟の一人との不仲は、あなたの領域ではないかも。

そのことも伝えました。

 

お母さんとの未完了の感情

お母さんとの未完了の感情があることは、ご本人が言ってくれたことです。

開示できた、そのことが大事だなと思います。

開示して、その感情、囚われがある、それが分かれば、

そうなんだ私…、今までの想定外なことが想定内になる。

 

お母さんから愛を受けていない、まだ足りない。

そんな感情がまだ残っている。

そのことを、そのかたに分かっていただいた。

そこで、終わりました。

またお話を聴きたい、そう思いました。

 

可愛がる=愛する 可愛がれない=愛するもある

可愛がることは愛すること。

もちろん愛の一部だと思います。

 

可愛がれないけど愛する。

これもありだと思います。

 

可愛がれない(可愛いと言う感情が沸いてこない)から、

愛せない(愛を感じない)ことはありません。

このことは私が弟に対していだいていた感情に向き合ってみて、

確信しています。

障害を持った弟でしたので、可愛がると言う感情は湧きませんでした。

憎んで、呪ったこともありましたが、向き合う過程のなかで、

あ〜〜、弟を愛していたんだ、と言うことが体感できました。

 

愛がない、愛を感じない…、そんなことを感じているそこのあなた。

それは本当ですか?。

向き合ってみてください、

あなたが持っている愛を感じることができると思いますよ…。

 

お問合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

メッセージ本文 (必須)

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

関連記事
No articles