人と何かをつなげる、まー坊のサイトです。

自分に向き合うって、何をすれば良いのでしょう?。

自分に向き合う…。

良く聞くことなのですが、どういうことなのでしょう?。

具体的に何をやるの?。

自分のありのままに向き合う、色々な抽象的な言葉が流れています。

どうすれば良いのでしょう?。

 

ありのままの自分って?

ありのままの自分って…?。

私は、「他人に見せたい自分と他人に見せたくない自分、両方の自分」、

それがセットで、ありのままの自分だと思っています。

 

他人に見せたい自分

自分の長所、自分の強み、他人よりも強いところ…。

そんな言葉に置き換えることが出来ると思います。

他人に見せたい自分、他人に見せても良い自分…、

このことを言ってると思います。

 

他人に見せたくない自分

自分が隠しておきたい部分、自分が短所と信じてるところ。

他人よりも劣ってると思うところ、隠しておきたい境遇。

そんなことが、他人にお見せたくない自分になると思います。

 

最初は隠しておきたい自分から

隠しておきたい自分から向き合うのが結果的には、良いと思います。

つらい時期がありますが…、なぜ?。

隠したい部分は、足かせになるからです。

ビリーフになるからです。

ビリーフシステムに関しては、尊敬してるセラピスト、大塚彩子さんのブログがお薦めです。

この❝見せたくない自分❞と向き合わないと、

結局、元に戻ることになります。

また元に戻ってしまってから…自分が見たくない、見せたくない自分と向き合う。

これは自己否定におちいりがちになりますが、この事に向き合って、

私達の本質が見えてくるのだと思います。

 

他人に見せたい自分にも向き合う

他人に見せたくない自分に向き合ったら、

他人に見せたい(見てほしい)自分にも向き合うのも必要だと思います。

 

例えば、自分がやりたいことがあってがんばっても(見せたい自分)、

どうせ自分には…できない(見せたくない自分)、と言う囚われがあったら、

何も進みません。

 

自分の見せたい感情しか向き合ってない人は、足かせになって、

元に戻ってしまいます。

 

どちらか片方だけ向き合うのは、うまく行かないと思います。

 

土台としての見せたくない部分

見せたくない部分の向き合い、

つらいですが、それを土台にして❝見せたい自分❞をもっと向き合うことが必要だと思います。

両方の自分と向き合う、それが大事で、それが結局、自分に向き合う近道だと思います。

 

まとめ

人には必ず両面があります。

自分の見せたいほうにフォーカスすることが多いですが、

どちらにしろ、片方だけの自分に向き合うだけでは、

結局、挫折すると思います。

 

マイナス思考の考えだよ、と言われても良いです。

自分の中に、無かったことにしたことに向き合わないで、

自分に都合の良いことばかりにに向き合っても、しょせん元に戻って、

自分の本質に気づかないで終わってしまうと思います。

 

あえて、プラス、マイナスで表現します。

プラス、マイナス、両方あって人間です、プラスだけ見ても、

マイナスだけ見ても、自分の本質には近づけない。

と言うことなんだと思います。

そして、この、自分に向き合うことは、ず〜〜っとやっていきます。

生きてるかぎり、ず〜〜〜っとです。

痛いところから、自分の本質に沿った生き方が見つけられれば、

その後は、((o(´∀`)o))ワクワクした生き方になると思います。

時間はかかりますが…。

この記事を読んだ人は、
こんな記事も注目しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

メッセージ本文 (必須)

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

関連記事
No articles